開業する助産師の給料って高くなるの?

fmiuhet

助産師は、単独で開業することが出来るという
開業権を持っている職ですよね。

そのため、助産院に勤務する人は、
開業している人と雇用されている人
という二つの働き方が存在しています。

 

独立開業を行い、自分が経営者となって働く場合の方が、
年収は高くなります。

ですが、雇用されている助産師の方が
給料が低いという事には繋がらないんですよ。

 

雇用されている助産師の場合、
ある程度プライベートと仕事を分ける事ができます。

ですが、経営者となると、
24時間常に緊張状態が続くことになってしまいます。

 

そうなると、プライベートと仕事を分けて考える事が
難しいこともあるんですね。

雇用されている場合、
ある程度決まった金額の給料をもらうことが出来ます。
また、休日なども確保することが出来ますよね。

 

日勤のみの勤務を希望したり、
夜勤のみの勤務を希望したりすることも可能です。

ところが、開業している経営者となれば、
基本的には決まった給料を得る事が出来るわけではなく、
勤務時間を選ぶという事も出来ません。

 

雇用されている助産師が頑張って働けば
その分収入を得る事が出来るのに対し、

開業している助産師は、
体力や精神力などを常に維持しながら働かなくてはなりません。

 

自分がどの立場で働きたいのかという事をしっかりと考え、
雇用者として働くのか、開業して働くのか、検討するといいでしょう。

 

 

助産師の給料ってどのくらいなの?

fmuihwet

助産師という仕事は、看護師の上位職だとされていますよね。
ですが、看護師と助産師では、その職務自体がかなり異なります。

助産師の仕事は、女性の生涯をサポートしていく仕事ですよね。
妊娠から出産、新生児のサポートなどを行います。

 

働く事が出来る職場も、
病院だけではなく助産院という選択肢もありますよね。

かなり重要な仕事ですが、
看護師の年収と大きな差が無いと言われているんです。

 

月収の場合、30万円程度が平均的で、
経験を積めば昇給があるという点も、
看護師の給料形態と同じようなものですよね。

夜勤がある場合には、
手当が支給されますので、さらに月収が増えます。

 

また、調整手当・各種手当なども支給されるため、
月収はもう少し増えることになります。

看護師と異なる点として、助産師として資格手当てがプラスされ、
看護師の給料に比べて少し増加するという点があります。

 

このような事を含めて年収を見てみると、
平均で年収は500万円程度となります。

年代別であれば、20代前半の助産師で400万円台、
40代の助産師で650万円程度になるとされています。

 

助産師は単独で開業できるため、
開業するとさらに年収が高くなる場合もありますよ。

 

 

助産院ではアットホームな中で自然な出産をサポート!

mcuishet

助産院というのは、病院と比べて出産前から出産後まで
トータルしてケアを行う事が多くなります。

規模も小さく、家庭的な雰囲気で
出産を迎えることが出来ることが多いんですね。

 

初産の場合でも、助産師が雰囲気づくりを行い、
安心した状態で出産できることも多くなりますよ。
父親や兄姉など、家族が全員で出産に立ち会うこともよくあることです。

助産師としてこの助産院に勤務する際には、
この家庭的な雰囲気を作ることが出来る人でなくてはなりません。

 

病院のように医療チームの一員として働くような事は少なく、
どちらかと言えば個人にかかる責任が重くなります。
それを受け止める事も、助産師として必要になりますよね。

転職先として助産院を選ぶ際には、病院と助産院の違いについて
しっかりと理解しておかなくてはなりません。

 

病院に比べ、規模が小さく、
設備も整っているということはあまり無いんですね。

また、出産までの経過はかなり順調で、
正常分娩・自然分娩が可能だとされていた妊婦さんが、
出産の場になって異常が出ることもあります。

 

そのような場合、直ちに連携をとっている産婦人科医に連絡をし、
設備が整っている病院に搬送するなどの判断力が必要になります。

個人に対する責任は重いものがありますが、
対応できないラインを見極めるという能力も必要になるんですね。

 

 

病院と助産院、どちらで勤務するのがいいの?

mdiuswht

出産をする場所は、大きく分けて病院と助産院がありますよね。
そのため、助産師の勤務先としても、
病院と助産院という二つの勤務先があります。

病院と助産院では、
出産をする施設という分類では同じかもしれませんが、
実際には大きな違いがあるんですよ。

 

病院はハイリスクな出産なども行う事がありますので、
助産師として経験を積むにはとても良い環境です。

一方、助産院では正常分娩しか行いませんので、
より助産師としての経験を積みたいという場合や、
様々なタイプの出産に立会いたいという場合、病棟勤務をおすすめします

 

ですが、医師や看護師と連携して仕事をこなさなくてはならず、
母体や新生児の命の危機に立ち会うことも考えられるという事は、
忘れないようにしなくてはなりません。

助産院は正常分娩で、
自然分娩であることを条件として出産が行えるところです。

 

病院とは違いアットホームな職場となっていることも多く、
妊婦さんとの関係も、病院よりさらに近いことが多いんですね。

助産院によってはかなり個性があり、
自分自身の考えと助産院の考えが違う場合、
勤務するのが大変・辛いと感じてしまうこともあります。

そのような違いをしっかりと理解し、就職先を選ぶ必要があります。

 

 

現場で学ぶことはとても重要

fmnuihet

助産師の仕事に就いても、
最初から出産の現場に立会い助産を行う事はあまりありません。

助産師として雇用された場合でも、
まずは看護師として経験を積んでいく事になります。

 

経験を積みながら少しずつベテラン助産師の仕事を手伝い、
やがて一人で助産を行うことが出来るようにスキルアップしていきます。
その過程を経て、一人前の助産師となることが多いんですね。

未経験の助産師の場合、まずは診察前のバイタルチェック、尿検査、注射などの基本的な業務を行う事になります。

 

出産の現場というのは、
必ずしも喜びで溢れているわけではありません。

中には流産をしたり、
死産といったような悲しみの場に立ち会うこともあります。

 

多くの妊婦さんがショックを受け、悲しんでしまう中、
助産師も動揺しているようではいけませんよね。

ですが、対応の仕方などをいくらテキストで学んでも、
実際にその場で立ち会うことになればやはり動揺してしまうものです。

 

未経験の助産師がこのような場に立ち会った際には、
頭の中が真っ白になってしまうことでしょう。

ベテランの助産師の対応を見ながら、
どのように対応すればいいのかなど、現場で学ぶことはとても多くあり、
全てがとても重要なことなんですね。

 

 

未経験助産師でも採用される?

dmnjuhe

助産師の免許はあるけれど、
助産師として働いた経験が無いという人も居ますよね。

看護師として働いているものの、
お産に携わった経験が無い助産師というのは意外と多いんですよ。

 

助産の仕事にはある程度の経験が必要とされます。
小規模な産婦人科や診療所、助産院などでは
即戦力となれる経験のある助産師の求人は活発です。

ですが、未経験助産師の雇用には消極的なところが多いんですね。

 

ですが、このままでは助産師の高年齢化が進んでしまい、
新しい助産師の育成が困難となってしまいます。

そこで、大規模な病院を中心に、未経験助産師を雇用し、
助産師の育成に力を入れ始めています。

 

助産施設自体が少なくなっている中で、
逆に未経験助産師を育成しようとする流れがあるんですね。

未経験助産師が助産師として経験を積むのであれば、
今がチャンスとも言えます。

 

助産師は看護師の仕事の中でも、特殊な仕事でもあります。
助産師免許が必要という事を考えてみても、
専門性が高い仕事だと言えますよね。

ですが、ベースとして看護師の経験があればこなすことが出来る仕事も多く、
未経験助産師とはいえ即戦力としての働きを求められる事もありますよ。

 

助産師免許を取得する際には、
必ず出産の立会いを行う事になりますので、
助産経験が無いという事はありませんよね。

助産師は「習うより慣れろ」という仕事です。
まずは、助産師として経験を積み、
未経験の場合でもしっかりスキルを身につけることが出来る職場を選ぶ事が大切です。

 

 

助産師に求められる事とは

uiehrt

小さな命が誕生する瞬間に立ち会うことが出来る助産師の仕事は、
喜びだけで溢れている仕事ではありません。
中には辛い瞬間に立ち会わなくてはならない場合もあるんです。

こどもが好きというだけで
勤務していくことが出来る仕事ではないんですね。

 

また、助産師は看護師の免許があるだけではなれず、
助産師の免許も必要となります。

助産師の免許を取得し、さらに数年の臨床経験を積んではじめて、
一人前の助産師になれるんですよ。

 

様々なシーンにおいて、
誠実な対応を行う事が出来る助産師が求められています。

また、出産をする本人もとても多くの体力を必要とされるのですが、
助産する助産師も、お産をする人と同じくらいの体力を
消耗するとされています。

 

お産が短い人もいますが、
中には2日以上お産が続いてしまう人も居ますよね。

助産師はお産を行う妊婦さんと一緒に、
その時間を乗り越えていく事になりますので、
当然かなりの体力が必要ということになります。

 

命の誕生を迎えるにあたり、
妊婦さんの精神的な不安感はとても強いものがあります。
それを支える助産師の精神力も、とても強くなくてはなりません

つまり、体力だけではなく精神的なタフさも必要となるんですね。
経験・精神的・肉体的、全てにおいてタフな助産師が求められています。

 

 

助産師の求人ってあるの?注目すべき点は?

mduiht

出産難民と呼ばれている人が居るほどに、
最近では分娩を取り扱う産婦人科が減少しています。

となると、助産師の職場も減っているのではないか
と不安に感じるかもしれません。
ですが、助産師の求人は割りと頻繁に行われているんですよ。

 

助産師は単独でも開業することが出来る開業権を持った職です。
そのため、産婦人科医院以外でも、助産施設などの求人も多くあるんですね。
ただ、働く条件というのはかなり異なります。

求人があるからといって応募すると、
希望の条件とは違ったということもありますので、
その内容はしっかりと確認することが大切になります。

 

まず気になる点は、夜勤があるのかどうかという点です。
夜勤があれば夜勤手当が支給されますので、収入が増えますよね。

ですが、家庭の事情によっては夜勤が難しいという人も居ます。

 

夜勤対応の有無に関しては、それぞれの看護師によって、
あったほうが良い場合と無かったほうが良い場合がありますので、
しっかり確認してくださいね。

育児中の助産師の場合、やはり託児施設があるかどうかという点は重要です。
出産が長引いてしまい退勤できず、保育園にお迎えにいけずに
こどもが一人で待っているという状況は避けたいものです。

 

助産施設内に託児施設があると、
このような事態を回避することができますので、
確認しておきたいですよね。

助産師は専門性の高い仕事となるのですが、
施設によっては助産に携わることが出来ないこともあります。
そのため、仕事内容もしっかり確認してくださいね。

 

 

助産師募集の知られざる現状

とにかく体力のある人!

juehufhads

時間が不規則になりがちな助産院での仕事なので、
体力がある人が求められます。
普通の人ではハードで続かないでしょう。

そのため、学生時代に運動部に入って
活発的に活動をしている人が向いています。
 

求人情報では書くスペースに限りがあるので
最低限の事しか書いていないわけですが、

仕事をすぐに辞めてしまうような精神的に弱い人は
採用したくはない
のです。
 

個人個人のことを短い面接や書類からではわかりかねることが多く、
部活をやっていたか、アルバイトはどういう仕事を
してきたかなど、生きてきた軌跡が重要になってきます。

 

 

融通が利く人

職場は夜勤も当然あります。
赤ちゃんは時間に関係なく生まれてくるので、
いつでもスタンバイできている人でなければなりません。

常に助産院中心に生活サイクルができてくるので、
自分の時間を取ることは難しくなってきます。
 

助産師募集で、若くて体力がある人、融通が利く人など
具体的にしてしまえば、応募する人自体がいなくなるので、
本来求めたいものすべてが書いてあるわけではないのです。

手当が厚く給料が高い仕事ですが、赤ちゃんが好き
というだけでは仕事を続けることができない
ほど大変です。
 

まずは自分の体調管理ができる人でなければなりません。

 

 

リーダーシップが必要

quwhurhhjf

助産院では、リーダーシップがあり
精神的に強い助産師を募集しています。

助産師として仕事をするよりも
看護師の仕事をすることが多いでしょう。
 

分娩の立ち会い以外に何も仕事をしないわけではありません。

だが、毎日のように
赤ちゃんが生まれてくるわけでもありません。
 

そのため、普段は看護師の仕事をしており、
出産時には助産師の仕事をする
といった感じです。

妊婦さんに対して、いろいろなアドバイスをしてあげることが重要で、
初産で不安な人にどれだけ気持ちを落ち着かせることができるか
などのリーダーシップが必要になってきます。

 

 

難しいが価値のある資格

助産師募集の求人を出しても
応募をしてくる人がいるかは正直わかりません。

なぜならこの資格を有すること自体がとても難しいからです。
 

看護師になれたけど、
助産師にはなれなかったという人はたくさんいます。

セミナーを受けることや養成所通い等、
いろいろしても簡単には合格しないのです。
 

もちろん国家資格なので資格の手当てがもらえるので、
普段は看護師と同じ仕事をしてももらえる給料は全然違います。

それらの魅力も踏まえて
資格が欲しいと考えている人が多いのかもしれません。
それだけ価値のある資格、是非とも取得してみたいものです。