助産師募集の知られざる現状

とにかく体力のある人!

juehufhads

時間が不規則になりがちな助産院での仕事なので、
体力がある人が求められます。
普通の人ではハードで続かないでしょう。

そのため、学生時代に運動部に入って
活発的に活動をしている人が向いています。
 

求人情報では書くスペースに限りがあるので
最低限の事しか書いていないわけですが、

仕事をすぐに辞めてしまうような精神的に弱い人は
採用したくはない
のです。
 

個人個人のことを短い面接や書類からではわかりかねることが多く、
部活をやっていたか、アルバイトはどういう仕事を
してきたかなど、生きてきた軌跡が重要になってきます。

 

 

融通が利く人

職場は夜勤も当然あります。
赤ちゃんは時間に関係なく生まれてくるので、
いつでもスタンバイできている人でなければなりません。

常に助産院中心に生活サイクルができてくるので、
自分の時間を取ることは難しくなってきます。
 

助産師募集で、若くて体力がある人、融通が利く人など
具体的にしてしまえば、応募する人自体がいなくなるので、
本来求めたいものすべてが書いてあるわけではないのです。

手当が厚く給料が高い仕事ですが、赤ちゃんが好き
というだけでは仕事を続けることができない
ほど大変です。
 

まずは自分の体調管理ができる人でなければなりません。

 

 

リーダーシップが必要

quwhurhhjf

助産院では、リーダーシップがあり
精神的に強い助産師を募集しています。

助産師として仕事をするよりも
看護師の仕事をすることが多いでしょう。
 

分娩の立ち会い以外に何も仕事をしないわけではありません。

だが、毎日のように
赤ちゃんが生まれてくるわけでもありません。
 

そのため、普段は看護師の仕事をしており、
出産時には助産師の仕事をする
といった感じです。

妊婦さんに対して、いろいろなアドバイスをしてあげることが重要で、
初産で不安な人にどれだけ気持ちを落ち着かせることができるか
などのリーダーシップが必要になってきます。

 

 

難しいが価値のある資格

助産師募集の求人を出しても
応募をしてくる人がいるかは正直わかりません。

なぜならこの資格を有すること自体がとても難しいからです。
 

看護師になれたけど、
助産師にはなれなかったという人はたくさんいます。

セミナーを受けることや養成所通い等、
いろいろしても簡単には合格しないのです。
 

もちろん国家資格なので資格の手当てがもらえるので、
普段は看護師と同じ仕事をしてももらえる給料は全然違います。

それらの魅力も踏まえて
資格が欲しいと考えている人が多いのかもしれません。
それだけ価値のある資格、是非とも取得してみたいものです。